2020年01月28日

精力絶倫でモテ過ぎる男の不倫騒動が歴史を飾る!?

不倫は雅な文化というより、ただの醜態に過ぎないのではないのか!

女性問題で官僚・政治家は何故に辞任するのか?!


芸能界・政界・教育界・宗教界の女性問題と精力絶倫との相関関係を深く考察する

進次郎「不倫ホテル代」 「虚偽答弁」を暴く証拠メール96通公開 政治資金疑惑はついに国会へ【全文公開】
2020/1/30
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200130-10001079-bunshuns-pol

東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者 杏が守るのは夫か子供か…苦しい決断に
2020/1/27 日刊現代
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00000013-nkgendai-ent

横浜市の小学校長が別の学校の女教師にキスし停職
2019年12月23日
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201912230000297.html

経験者”宮崎謙介氏、不倫騒動の原田龍二に助言「反省を見せ続けること」
2019/06/07
https://news.mynavi.jp/article/20190607-839297/

「薬師寺」トップが不倫で辞任 お相手に熱心な口説きメールhttp://news.livedoor.com/article/detail/14723272/

TOKIO山口達也が強制わいせつ容疑で書類送検
[2018年4月25日
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804250000567.html

テレ朝「社員がセクハラ被害」 財務省に抗議へ
2018/4/18
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000093-asahi-pol

新潟知事辞任 
「中年男性がのぼせたということ」毎日新聞2018年4月18日
https://mainichi.jp/articles/20180419/k00/00m/040/065000c


中川俊直氏、女性問題で政務官辞任 「重婚ウェディング」と週刊新潮がツイート 2017年04月19日  [編集]

中川俊直経済産業政務官(46)が政務官を辞任することが決まった。
https://www.huffingtonpost.jp/2017/04/19/toshinao-nakagawa_n_16094282.html

海外台湾・日本教育界注目!2015.04
日本校長20年嫖娼萬名女性 對象13?到70?都有
2015-12-18
https://kknews.cc/world/valoo8a.html




「精力絶倫(腎張り)」という言葉があるが、これは如何にも東洋医学的意味相が強い。

さらに武道の世界では「精力善用」という、君子の行動哲学ともいうべき教えが入門者にはなされてきた。

精力を発散するにも心して善用しなければ、欲望のままではそれこそあらぬ方向に突っ走ってしまうことになる。

その結果、身を損じ、大恥をかき、世間を騒がせ顔向けできぬ事態をも招きかねないというわけである。

まさに正論である。

これが指導的立場にある先生や著名人、あるいは人気芸能人といった世間でもよく名を知られた人たちが引き起こすから、その度に巷では騒がれることになる。

人に勝るほどの有り余る精力、それも精力絶倫者(腎張り)だから暴走するのである。

それはもとより精力絶倫(腎張り)を持て余し、己で制御できない人種が無数にいるということを示唆しているのである。

これは腹が減っているからといって、やたら大飯を貪り食う姿にも似ていよう。

飯を食うのは人として当たり前でもその食い方が余りにも意地汚い、まったく節度がない、とにかく行儀作法がなっていない、一人前の大人として無様だと言われるのによほど似ていよう。

ならば、いったいその有り余る精力絶倫者(腎張り)の実体とは何なのか?

「精力善用」とて、根底には東洋的な思想としての節度ある君子の道が示されているわけであるが、それはむしろ表面的な事象に過ぎないのだ。

それは世間一般の相対的な体力というか、それこそその人物人品を全体的観点から評価したときの精神的肉体的活力そのものを指しているのに他ならない。

精力絶倫(腎張り)そのものに人格はないわけだし、善悪があるわけではない。

強いていえば、それこそ下半身の問題ではあろう。

さらにそのなかには当然のことであるが、性的能力に繋がる意味も含まれていることを忘れてはならない。

これに関しては意外にも古代中国の竹簡に書かれた古典籍に詳細な記録があるのだから驚きである。

2千年以上前の古代中国では、正統な医学と隣合わせに房中術(玄・素の術)というものが幅を効かせていた。

現代風にたとえてるなら、通常の医療とは別に精力のコントロール習得コースという修養科目があったとでもいえようか。

これなどは、体の特定の部分ということではないト−タルな身体論という捉え方があったということで、そこでは人間に備わっている精力絶倫(腎張り)そのものを明確に認識した上で、それを一つの定まった術式としの制御技術を習得していくという、いかにも東洋的発想とプロセスとが全編に溢れたものなのである。

要するに精力絶倫者(腎張り)ということで節度を失うような暴走を犯してしまえば、結果的には己の社会的面目を潰し身体にも無理な負担を掛けるてしまうことになる。

ところがこの術式はその背後にある神仙思想にからめて、そこから飛躍した理論を持ち出してくる。

そこに伝説上の有名な黄帝や神仙の彭祖といった精力絶倫者を引き出してくるところがまた面白い。

精力絶倫の権現である彭祖は一夜に四十八人の女を御したとか、四十九人の妻を持ったとか言われる神仙であり、黄帝などは房中術を極め一千二百人の女を御して白日昇天し、仙人の列に入ったというのであるが、これらに続けとばかり理論展開するわけである。

漢書芸文志』の記述によると、方技類を整理してそれぞれ医経・経方・房中・神僊の四種に分 けているが、房中術の術式は保健養生術の類として扱われており、この『芸文志 』の解説部分に次のようにある。

「房中、情性の極にして、至道の際なり。是を以て聖王外の楽みを制して、 以て内の情を禁じ、而してこれが節文を為す。伝に曰く、「先王の楽みを作すは、百事 を節する所以なり」と。楽んでは、節有れば、即ち和平寿考なり。迷者顧みざるに及んでは、以て疾を生じて性命を隕す。」

ここが房中術の最も面白いところである。

日本で編纂された医学全書『医心方』房内にあるように房中術を正しく行なわなければ「夭折の慚有り」、そして正しく「陰陽の術を得ば、即ち不死の道なり」というのである。

精力絶倫者、腎張りは「制御法を知らねば命を縮め、早死にするぞ!」と言っているのである。

「命知らずとよし言はば言へ 君故に腎虚せんこと望みなれ」(新撰筑波集・恋の都)

そうであるならば精力絶倫者(腎張り)なる者は、色恋に命がけと云うことになる。

しかも伝統的な医学の存在する一方で、ある種の神仙思想が信じられていたというところがまた愉快でもあるのだ。

事実古代中国の王侯貴族たちは、医師とは別にこうした房中術の専門家(方術士)を側に置いて精力絶倫者としての個別の生活指導を受けていた。

私がここで最も関心を持つのはやはり医術との関わりである。

たとえば精力絶倫(腎張り)とは正反対の精力減退、 性的不能(腎虚)という事例を上げてみよう。

現代的にインポテンツ(ED: Erectile Dysfunction; ED)の一語で片付けられてしまうといかにも部分的機能 低下、失調に聞こえるが、この場合などはむしろ東洋医学的に、房労(房事過多)によって腎水を渇かし腎虚、房労傷、房室損傷となり、その結果としての性的不能と言った方が辻褄が合うように思う。

医心方』房内に、「玉房秘決に云う。冲和子曰く、夫れ情を極め欲をほしいままにすれば、必ず損傷の病あり。斯れすなわち交験の著明しきものなり」とある。

だから「夭折の慚有り(早死する)」なのであるが、房中術の中ではこのように房労の認識が極めて明確なのは注目すべき特徴である。

この影響で唐の時代になると、かえって『諸病源候論』などの医学書では虚労損傷(腎気衰弱,腎気虚損,腎虚)がことさら重要視されてきている。

まさしく房労による虚労損傷(腎虚)に警鐘を鳴らしているのである。

「腎は精を蔵す。今腎虚し精を制すること能はず」、「腎気虚損。精を蔵すること能はず」と、『諸病源候論』虚労病諸候の下にあり、そこには多くの関連する病症が書かれている。

備急千金要方』を著した孫思貌にしても、養生の中で積極的に房中術を取り上げて解説をしているところをみると、彼なりに相当な認識があったと考えられる。

こうした流れは丹波康頼の『医心方』に受け継がれ、さらに後世の朝鮮医学の集大成であるところの『東医宝鑑』にも少なからず影響を与えている。

この許浚(ホジュン)の『東医宝鑑』内景篇では「精は人身の至宝なり」といい、さらに 雑病篇・虚労でも男子の病はまず房労(腎虚)を疑えと教えていることでも分かる。

精こそが生命エネルギーの源泉であるとの見方である。

また許浚の記述によると、精の質量自体は身体中に通常一升六合あるとされ、この精の蔵制が極度に充満すれば成人の場合3升ぐらいにまでなるという。

3升もあるというのは、結局体内の血液成分ということなのだろうか?

そうなると結局精力そのものは、そうした相対的な数量認識が可能ということになってくる。

当然ここでも精力絶倫者(腎張り)が俄然注目を浴びることになる。

ここに精力の相対量に自ずと個人差が生じる理由があるとされ、同時に養生の必要性が出てくるということになるわけだ。

医療であればそれは精力の温存ということであり、相対的比較でいうならばいわゆる個体差から認識されるところの精力絶倫(腎張り)ということになるわけだが、巷で云うところの精力絶倫者とは一体どういうものなのか具体的に知りたいところである。

そこでこの精力の個人差について具体的に資料を上げてみようと思う。

とはいっても、こうしたものに関して科学的、また医学的なデ−タの存在を残念ながら私は知らない。

基準値以上のイレギュラーなデータはばらつきがあるだけに学問的評価の対象とはならないということだろう。

どうやらこうした身体機能を総合的に評価統合していく見方は、現代医科学には得てして馴染まないということのようである。


しかしながら巷にはこの精力絶倫者(腎張り)なる評価が存在することは確かなことである。

その一つが文化人類学的考察である。

ちまたには精力絶倫者(腎張り)なるがゆえの不祥事や不都合なニュース記事が溢れかえっているではないか。

そうした情報からいけば、情報自体は有り余るほどにあるわけで、中には歴史的な記録にさえなっている。

歴史的記録とは何だとここでは当然問われるはずである。

そんなものがあるのかという疑問は当然出てくるはずである。

そうした史料はあるにはある。あっても学者先生がわざと触れないだけのことである。

学者としての品位が落ちると云うことで、知っていても真顔では教えてはくれないだけのことである。

必要であれば、いままで書物の中で散見した精力絶倫者(腎張り)に関する歴史的記録として明記されているものをここでもいくらでも列挙できるというわけである。

いまでも伝統ある教育界では学問の神様として崇められ見るからに謹厳実直そうな菅原道真にしても、都には数人の愛妾と20人以上の子供がいたわけだし、戦ばかりしていた戦国武将の信長(23人)や家康(16人)とて意外にも子沢山であった。

それでも源頼朝の祖父・源為義の31人には遠く及ばないし、後世の徳川幕府十一代将軍・徳川家斉などは,53人もの子供に恵まれた。

豊臣秀吉に至っては渡来してきた宣教師ルイス・フロイスの「日本史」にその精力絶倫者として姿が記録されている。
「(秀吉は)齢すでに50を過ぎていながら、肉欲と不品行においてきわめて放縦に振舞い、野望と肉欲が、彼から正常な判断力を奪い取ったかに思われた。この極悪の欲情は、彼においては止まるところを知らず、その全身を支配していた。彼は政庁内に大身たちの若い娘を300名も留めているのみならず、訪れて行く種々の城に、また多数の娘たちを置いていた。」

日本を支配する王のその絶倫ぶりに圧倒された南蛮人は、当初の日本侵略の野望をたちまち喪失してしまったわけで、これこそ怪我の功名というところであろう。

明治の元勲にしても名を残すような人物というのは政治的業績を残したと云うことでも、やはり総じて精力絶倫者(腎張り)なのである。

ジュリアス・シーザーにしてもナポレオン・ボナパルトにしても大変な艶福家であり、大きな声では言えないのだが、結局のところ突き詰めると英雄とは云えあまりもの多くの不倫騒動が重なって最後は命を狙われることになったのだとも云うことになってくる。

そこには嫉妬と怨嗟というものが背後で幾十にも錯綜しているわけで、皮肉にも精力絶倫者がなせる業でもあるのだ。

後世までそうした露呈した事実が醜聞として記録類に残されるのだから、そうなると男にとって精力絶倫(腎張り)であるということは決していいことばかりではないと云うことになる。

そう、記録と云えばこうした事例は歴史書、伝記の文献資料に溢れかえっているのも事実である。

かって精力絶倫者として有名な英国王の「ヘンリー八世の私生活」という映画があったし、たしか「毛沢東の私生活」という出版物もあった。

強大な権力を握る政治的人間の多くは大抵精力絶倫者に相応しい経歴を持っているものであるが、その他名の知れた文化人にもそうした痕跡を残している人物も少なからず存在する。

たとえばフランス文学で有名なヴィクトル・ユゴ−は精力絶倫者(腎張り)ということで巷でも知られていたわけで、彼自身の告白によると、新婚の夜彼は新妻を九回愛撫したのだという。(『ヴィ クトル・ユゴ−の生涯』アンドレ・モロウ,『新編・フランス文壇史』河盛好蔵)

また歴史書『チェ−ザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』(塩野七生著)の記述 によると、チェ−ザレ(公爵)は立ち会ったフランス国王ルイ十二世によって初夜の絶倫ぶりを証言されているわけで、そこには次のように書かれている。

「ヴァレンティ−ノ公爵(チェ−ザレ)は、私の時よりも、四本も多く槍を 折った。二回と、夜食を取った後、さらに六回もである。」とある。

十六世紀のイタリアのプラント−ムの作品として知られる『艶婦伝』による と、かってロ−マ人が一夜に十二回という当時の最多記録を達成したことが書かれてあったが、この書物は以前は新潮文庫の厳選された外国文学の中に含まれていたが、残念なことにいま現在は絶版になっている。

さらに十八世紀ロココの時代に活躍した著名なカサノバの実録回顧録によると、精力絶倫者(腎張り)らしく彼自身による十回という記録が記載されていた。これは自己申告である。

カサノバ回顧録』も以前はしっかりした全集が河出からどどんとシリーズで出でいたが、現在はこれまた残念なことに絶版となっている。

日本でもこの種の有名な記録はいくつかあって、古いところでは精力絶倫者(腎張り)としては『日本書紀 雄略天皇元年三月是月条』 に「七度」云々という具体的記述がある。

正史に書かれているのだからまっとうな精力絶倫者(腎張り)として、これなどは誰も文句の付け要はあるまい。

近代では小林一茶の日記、さらに戦後の文献ではディック・ミネの『すりこぎ随筆』(光文社刊)等でもしっかりとその有名人らの卓越した精力絶倫(腎張り)ぶりは文献資料として確認できる。

精力絶倫者(腎張り)というのは有名人には特に多いわけだが、一般庶民にもそこそこいるわけで別段特殊能力者というわけではないようである。

腎張りはおっとせい程つれ歩き

少なくとも精力絶倫者(腎張り)というは、異性にモテるのは確かである。

そして精力絶倫者(腎張り)は異性にモテるようにたゆまず努力する、らしいのである。






「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは











































ラベル:芸能ニュース
posted by ぼんぼん・ボニー at 11:53| Comment(0) | 癒しの世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

環境ストレスはそのまま不眠に繋がります

なぜ現代人は不眠に悩むのか?

不眠症対策には、まず就寝時の波動環境改善が必要です!!
下記記述は、あくまでも電磁波過敏症に苦しんでおられる方のための情報です。 日本国内の一般論ではありませんので、誤解のないようご注意下さい。

電磁波過敏症
を自覚しておられる大半の方が不眠症や睡眠障害といった苦痛を訴えます。このことにも注目しなくてはなりません。

不眠症は現代人に特有のストレス症状であって、一概に病気であるとまではいえないともいわれます。

体調不良からくる不眠症や精神的ストレスからくる自律神経の乱れが原因の不眠症などがあるとしても、その原因が特定されても短時日で解消されるほど不眠症は単純なものではありません。

実は不眠症と電磁波障害には密接な関係があります。

fu02


電磁波を浴びると神経ホルモンのセロトニン分泌が抑制され、セロトニンの欠損は、抑うつ病を引き起こすとする報告。 (1986年、M.アスバーグ、スゥエーデン)

哺乳動物が、微弱な電磁波にさらされると、メラトニンの分泌障害が 発生するという報告もあります。(1992年 ウイルソン博士、イギリス)

さらにスウェーデンのカロリンスカ研究所(Karolinska Institute)と米ウェイン州立大学(Wayne State University)が共同で実施した携帯電話の電波と不眠症との関連性に関する調査報告があります。

その報告では18〜45歳の男女70名以上を対象にして、884MHz帯域の無線デジタル信号(電磁波)を浴びせ、その後の睡眠状態を詳細に分析されたものです。

一定時間を通信電波にさらされて過ごした後に眠ろうとすると、そうした影響がなかった場合と比較して、深い睡眠に入るまでの時間が長くなる傾向が観察されたほか、最も深い睡眠の継続時間が短くなることなどが明らかになったといいます。(2008年にも無線通信機器製造業者フォーラム(MMF: Mobile Manufacturers Forumから関連レポートが出された。)


電磁波過敏症
を自覚している人の多くは不眠症を訴えますが、これはやはり脳内神経物質であるメラトニンやセレトニンの減少が直接かかわっているということのようです。

この脳内の神経伝達物質であるメラトニンやセレトニン分泌に影響が出ると、自然な眠気が阻害されだすとともに体内時計がうまく働かずに不眠症の状態に陥ってきます。

入眠障害が出て寝つきが悪くなると次第に夜更かしとなり、いよいよ睡眠時間帯がずれてき始めます。

症状がすすめば生活リズムが昼夜逆転の状態となり、これが続くと自律神経が正常に働かなくなってしまいます。

寝起きの際の気分もすぐれず、頭痛や吐き気、食欲不振などの症状とともに精神的にも落ち込んでうつの状態となりがちになります。

不眠症もぐっすりと熟睡できないとか、就寝中に何度も目が覚めるとかいった個別の経過をたどりますが、これらが電磁波障害を伴っていると薬物療法ではなかなか改善しないわけです。

不眠症の多くはもとより日常の生活環境が深く関係しているわけですが、その生活環境自体が過剰な電磁波を被曝しているような場合には特に電磁波過敏症が発現しやすくなります。

表現は悪いですが、イメージ的にはスイカや豆腐にもたとえられそうです。

最新の分子生物学分野でもこの脳内の細胞やニューロンの水分子(クラスタ)の存在が脳の機能や精神活動に中心的働きをしていることが解明されつつあります。

その水分子はもっとも電磁波の影響を受けやすいのです。

たとえば電子レンジの電磁波は、2.4GHzという高周波数帯の出力のもので、同じ様に携帯電話も、0.8GHzから1.5GHzというこれに近い高周波数帯が使われています。

日常的に携帯電話を頭に密着した状態で使用するということは、出力の差はあるがある種の小型電子レンジを頭に当てて通話しているようなものということになります。

電磁波はその特性として球形の物体に集中して働く(物理的エッグ現象)ことから、電磁波が頭そのものや眼球の大きさに波長が共振する可能性もあり、これによって脳や眼球に何らかの障害が出るのではないかと欧米では危惧されているのです。









「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは










































ラベル:セレトニン
posted by ぼんぼん・ボニー at 08:41| Comment(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聴くだけでちょいと前の記憶が蘇ってきました!

オールディーズ音楽ってどれだけ古いの?


「オールディーズ・バット・グッディーズ/OLDIES BUT GOODIES」とか、「オールディーズ音楽/OLDIES MUSIC」といわれる懐かしい音楽があります。

いわゆる1950年代前半から1960年代前半までの英語圏のポップス(ポピュラーミュージック)の事を指し示すようです。

個人的には、小学生の頃ラジオからよく流れてきた音楽だったわけで、ビートルズの音楽がヒットし始める以前の英語圏のポップスだったと記憶しています。

どの曲目もその時代の雰囲気が思い出されてきて、とても懐かしい気分に浸れる音楽です。




可愛いベイビー :コニー・フランシス / Prettyt little Baby :Connie Francis

 






HELEN SHAPIRO - YOU DON'T KNOW

 







悲しき16才












「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは








































ラベル:懐メロ
posted by ぼんぼん・ボニー at 07:29| Comment(0) | 音楽鑑賞・癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

貧困層はもはや感染の町から逃げることは出来ない!

オリンピックどころではなくなるぞ!

中国内陸部の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染をめぐり、日増しに世界的な流行拡大を懸念する声が高まっています。

中国情報は隠蔽工作がなされている状況にあって、正確な情報が掴めないことでさらなる混乱と感染拡大が進行していくのではないかと思われます。


中国・武漢で対応した医者死亡  病院スタッフが逃げ出す阿鼻叫喚〈週刊朝日〉2020/1/26(日)https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200126-00000016-sasahi-cn


「政府の発表を信じないで」 ネットに医療関係者の告発相次ぐ
2020年1月25日
https://news.livedoor.com/article/detail/17717913/









「新型肺炎の感染規模はSARSの10倍」香港の専門家、「武漢はすでに制御不能」と絶望
浦上 早苗 Jan. 24, 2020,
https://www.yomiuri.co.jp/world/20200125-OYT1T50088/
https://www.businessinsider.jp/post-206340


当方のブログ・

スーパー耐性菌・新型SARSの可能性はありやなしや?2020/01/07
http://denjiha55.blog.fc2.com/blog-entry-2332.html

このようにいち早くブログで心配したとおり中国の新型肺炎は、いよいよ深刻度を増してきました。


中国の新型肺炎、広州市の医療関係者も感染との情報
2020年01月20日
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/50840.html

武漢市新型肺炎「患者198人に増加」推計1700人超?米3空港で検疫強化
2020年01月20日
 https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/2/32780.html

中国の肺炎ウイルス、感染者は1700人以上か 英大推計 米国は空港での検疫強化
2020/1/18
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000022-jij_afp-int











「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは





































ラベル:パンデミック
posted by ぼんぼん・ボニー at 07:24| Comment(0) | 自己防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

忘れている通帳はありませんか?

みなさん平均6冊は持っている通帳!

人ごとと思っていたら先日古い引き出しの中を整理していたら、見慣れない銀行通帳が出てきた。

通帳残高を見ると、平成11年5月10日付けで9837円残っていた。

まったく失念していたのであるが、思わぬところから隠し金が出てきた感じである。

それでも20年以上放置していたわけで、全額が引き出せるものかどうか分からない。

残高が9837円ぽっちではあるが、とにかく回収できる分は回収したい。

ところがどっこい、肝心の近くにあったはずのその銀行支店はすでにそこから撤退してしまっていて、現在はATMだけが残っている状態である。

しかも通帳が古いこともあってかそのATMでは認識されないから記帳も出来ないわけで、ここは町中の別の支店を探さなくてはならない。

ちょっと面倒であはあるのだ。

そしてここで確認しておかなくてはならないことは、すでに2018年の1月に「休眠預金等活用法」が出来て、それが実際に施行され「2009年1月1日以降の取引から10年以上、その後の取引がない預金を休眠預金とする」ということで、すでに金融機関が扱う普通預金や定期預金などがその対象になっていることである。

結局のところ銀行口座を長年放置していたら、いつの間にか休眠口座とやらになっていたという話しである。

調べたところ休眠預金状態になってもその残額が1万円以下の場合だと、銀行からは何の知らせもないらしい。

しかも休眠預金状態になってしまうと、毎年口座管理手数料が差し引かれるという話である。

その結果、その少額の預金残高は年々差し引かれて最終的にはゼロになることになる。

そうなるとただの休眠ではなくて、放置された口座は自動消滅するのである。

わたしの休眠口座は消滅しかかっているのだと分かって、慌てて銀行支店まで出かけていったのである。

事務手続きとしての休眠口座の解約にはそれ相応の時間が掛かるのだが、当日清算処理後に残金がようやく手元に戻ってきた。

そして辛うじて掴み取ったその残金は、わずか2891円であった。









「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは































ラベル:銀行口座
posted by ぼんぼん・ボニー at 17:35| Comment(0) | ビジネス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型肺炎と古代の医学書の話し

不思議な古代の医薬情報とは?

古代から伝わる「傷寒論」という本のことをご存知ですか?

「傷寒論」は、後漢末期〜三国時代に張仲景が編纂した中国医学書の古典籍ですが、2000年以上以前の医薬情報、治療情報が記された文献ということになります。

その内容は現代医学で云うところの伝染性疾患のチフスやインフルエンザ、マラリアといった疾病の治療法を扱ったものです。

もともとこれを著した張仲景は長沙の太守だったのですが、伝染性の疾患でその一族200人の大半が短期間に命をなくすという悲劇に遭ったのです。

このように当時は、一旦伝染性の悪性インフルエンザの類いが流行すると村や町単位で次々と蔓延し、たちまち付近一帯がまったくの無人状態になることも珍しくありませんでした。

こうした悲惨な状況を嘆いた張仲景は多くの医学書を漁り、心血を注いでこの「傷寒論」を書き上げたのです。

ただし早くにその原本、原文の一部は散逸してしまったため完全な形では後世に伝えられてはいないとされています。

「傷寒論」自体はもともと紙に記されていたのではなく薄い竹の板の表面に書かれていたのであって、原本そのものは竹簡といわれ紐で繋いで丸めてあったものです。

それはとても嵩張りますし、持ち運びや保管にも不便でした。

それが当時の紙による書物が登場する以前の書籍というものの原始的すがたであったわけです。

当然紐が切れれば竹簡全体がばらばらになってしまいますし、虫に食われれば穴があいて書かれている文字が判読できなくなってしまいます。

いうまでもなく竹そのものは、虫食いやカビにとても弱い素材でした。

時とともに竹簡が脱落したりして散逸してしまえば、そのまま記されている情報は失われてしまいます。

いま現在まで過去の典籍が残されてきたということは、そうした歴史的変遷に耐えていくうちに竹簡から紙に書き写されどうにか今に伝えられてきたということになります。

そうした貴重な文献は、かっての遣唐使らが命懸けで日本に持ち帰った文物に含まれていました。

日本に伝わったそうした医学書は珍重され、日本でも独自に研究されました。

「傷寒論」の内容は簡潔な条文で構成されおり、その治病理論は極めて精緻であり、これまでにも歴代の医家によって研究と追試が試みられただけではなく、関連医書の編纂や多くの注釈本が書かれてきた貴重な古典医学書です。

そうした「傷寒論」について書かれた後世の専門的注釈本は、現在中国国内でも優に1千種を越える文献が確認されているといわれています。



syou03 





















ここで一つ考えてみてください。

2千年以前の治療情報、薬物情報がどうして現代まで失われずに伝わってきているのか不思議だとは思いませんか。

古代の医学情報など、それこそ原始的で古くさい取るに足らない遺物そのものだとは思いませんか?

ところが不思議なことにこの「傷寒論」という医学書は現代でも高く評価されているだけではなく、ほぼそのまま通用するというのです。

科学文明がこれだけ進歩した現代にあっては、何だか可笑しな話ではないでしょうか?

それも薬物や医療に関わる情報です。

いわゆるそうした情報は、歴史的に見れば優れたものの登場によって過去の遺物は次第に淘汰され消滅していくのが人類文明史の常識ではなかったでしょうか?

いつまでも古臭いものに縋りついていくというのは、どう考えてもいただけません。

過去の古いものは捨てられ忘れ去られていくのが、人類のすべての歴史でみられる当たり前の自然な流れでもあります。

特に医療技術や薬物情報というものは、常に新しい発見や画期的な術式が登場することによって確実に進歩の道筋を辿っていくものであるに違いありません。

ところが21世紀の今日においてさえ、意外過ぎる事実として「傷寒論」そのものは色あせずに今も活用され続けているというわけです。

現代でもこの「傷寒論」に書かれている薬物情報は、医療の世界では高く評価されています。

傷寒論は、いまでも中国医学に関心を持つ世界中の医師や薬剤師に読まれ続けているのです。

本当に不思議といえば不思議です。


いわゆる漢方薬は副作用がないというのは間違いです。

漢方薬でも酷い副作用を起こす場合があります。

自然な生薬を使っていてさえも、薬というのは使い方を間違えると危険なのです。

はるか古代からのそうした薬物情報がこの「傷寒論」には、集約されているともいえます。

事実、「傷寒論」が書かれた時代であっても、医家自身が師から受け継ぎ3代にわたって臨床試験がなされた処方しか患者には投与しないという諺が通用するほどにその薬物は慎重な取り扱いがされたといいます。

そうした長時間の検証作業が積み重なって、ようやく「傷寒論」は成文化されたのだとも言えます。

過去の貴重な薬物情報だけでなく、その背後にある自然哲学的考え方も同時に再認識されるのが好ましいことではないでしょうか。

漢方薬がもっとも効果を発揮する使われ方は、「傷寒論」に書かれている診断技術によって確定された病証とそれに適応した薬物が処方された時というわけです。

これも何だか意外な感じです。











「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは































ラベル:薬物情報
posted by ぼんぼん・ボニー at 07:05| Comment(0) | 不可思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

グラミー賞三部門を受賞した名曲とは

ヘプバーンが名曲「ムーン・リバー」を歌う

時たま耳にする『ティファニーで朝食を』はトルーマン・カポーティの小説で、1958年に発表された。

小説はニューヨークを舞台に自由奔放に生きる女性主人公を描いたものだが、1961年にオードリー・ヘプバーン主演で映画化された。

このときの主題歌の「ムーン・リバー」(Moon River)は、ヘンリー・マンシーニによって作曲され、映画の中で主演のオードリー・ヘプバーンが歌った。

「ムーン・リバー」は同年のアカデミー歌曲賞を受賞し、さらにはグラミー賞で最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀編曲賞の3部門を続けて受賞した名曲である。

『ティファニーで朝食を』の映画は当初マリリン・モンローが主演という計画だったといい、またオードリー・ヘプバーンが歌うシーンも編集ではカットされる予定であったともいう。

もしそのままの映画だったらとすると、随分とイメージの違う作品になっていたことであろう。






ムーン・リバーby オードリー・ヘップバーン

 








ムーンリバー【訳詞付き】/ アンディ ウィリアムス

 








ムーンリバー 「ティファニーで朝食を」
















「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番AZ]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは































ラベル:アメリカ映画
posted by ぼんぼん・ボニー at 06:23| Comment(0) | 音楽鑑賞・癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

10年後も美味しい水が飲める保証はありません!

対馬や北海道は結局どうなるの!

日本政府、外資による国内での土地取得制限を検討 防衛施設や原発周辺が対象
2020-01-22
https://snjpn.net/archives/176800

干ばつの豪州、中国企業が地下水を汲み上げ 数週間で枯渇
2020年01月17日
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/50775.html

バイカル湖畔に中国資本ミネラルウオーター工場、ロシア地裁が違法と判断
2019/3/31
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00000033-jij_afp-int


私たち世代が育った時代背景でいえば、飲み水をお金を出して買うという感覚はこれっぽっちもなかった。

美味しい水という表現はあったが、あえて美味しい水を探して買い求めるという状況ではなかったのだ。

それが瞬く間に変わってしまったわけで、安全で美味しい水が無尽蔵にあるのは世界中で日本ぐらいしかないという事実もようやく分かりだしたのである。
RIMG1314
世界には日常的に水不足の地域や水資源が汚染されている国々がたくさんあるわけで、水を求めて大規模な騒乱さえも発生してきている。

これに加えて急激な工業化などで環境が破壊されつつあるわけで、水不足によっていまや「水資源」そのものが重要な戦略物資であり、今世紀中には「水資源」問題によって戦争も勃発するであろうと予想される事態になってきている。

あまり知られてはいないが、北海道や九州各地で大規模な森林の取り引きが進んでいる。

そこには海外資本が登場してきている。

その規模が大きいことにまず驚かずにはいられない。

心ある地域住民はそうした状況に不安や危機感を持っている。

いずれ日本各地の水資源は、まるで石油のようにタンカー輸送で続々と海外に持ち出されることになる。

まずはミネラルウォーター工場の建設というところであろうが、将来国内の「水資源」問題が表面化しても後の祭りではあろう。






ラベル:水資源
posted by ぼんぼん・ボニー at 22:14| Comment(0) | ビジネス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

日本は世界でもっとも危ない国?!

日本がもっとも危険な理由

「核シェルター」問い合わせ激増 売れ筋は「1千万円前後」〈AERA〉

2018/3/18(日)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180315-00000026-sasahi-soci

北朝鮮ミサイル恐れ核シェルター需要UP…人気のエアコン型280万円
2017/8/31(木)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000073-sph-soci

戦時中日本では各地に当たり前に防空壕が作られていた。

当時の内務省防空局が発した通牒「防空待避施設指導要領」によると、床下に「簡易ニシテ構築容易ナルモノ」を設置するよう指示しており、学校や都市部の個人宅でも空き地や床下に設置されていった。

ところがこれらの簡易な防空壕は爆弾や焼夷弾の直撃には耐えられず、避難した人たちはそのまま圧死したり壕内で蒸し焼き状態となった。

スイスを始め欧米諸国、ロシア、中東のイスラエル、アジアではお隣の韓国(ソウル)はもとより中国(北京)には市民を守る本格的な地下核シェルターが構築されている。

いまでも地下都市としての規模が拡張されつつあるという。

早い話、永世中立国のスイスなどは立派な地下核シェルターが完備されている。

自分たちだけが信じている平和大国日本などは、上っ面だけの話しである。

従来より日本は世界に誇る平和憲法があるからそうした核弾頭は飛来しないことになっているらしく、ちまたには核シェルターなどという戦時の軍事施設などは皆無である。

どうやら日本では防空施設、核シェルターなどがなくとも国民の生命は守られるということらしいが、ここらは世界の常識から遠く離れている。

そもそも欧米の合理的な防災意識の根幹には核戦争による直接の危機だけでなく、国内の原子力発電所事故時の放射能汚染から住民の命を守るという考えからも核シェルターは構築されている。

おもしろいことに日本にはそうした基本的な危機管理意識は、全くといっていいほど欠落していてないらしい。

ところが最近はそうとばかりとはいえないようで、北朝鮮のミサイルに戦きあわわてて日本でも1億円前後の核シェルターが富裕層の間では購入され、自前で都市部で設置されつつある。

なかには地下シェルター完備のマンションなどもあるらしい。



Jアラートはただうるさいだけなの?

Jアラートという警報システムとこうした核シェルターがあれば、日本国内でも一応富裕層は安全が確保されたことにはなろう。

さらにいえばJアラートが警報を出したにしても、ただちに核シェルター内に退避できないのであれば弾頭攻撃では生きながらえることは出来まい。

だから当面、Jアラートは限定的な一部の人たちが有用性を感じるシステムでしかない。

無いよりはいい、それこそ形だけというわけである。

実際のところ空襲警報が鳴っても、いやJアートが警報を出してもわれわれ一般庶民には防空壕どころか肝心の逃げ場はどこにもないということになる。

苦肉の策が、大都市部の地下街が避難場所ということだそうだ。

結局のところJアラートが鳴っても、一般庶民はそのまま座して死を待つの覚悟が必要であろう。

どちらにしてもJアラートだけでは、ミサイル攻撃からは逃げられない。

防空設備が設置されていないわけだから、国自体はそうしたミサイル攻撃の危険性はないと安易に判断しているということであろう。

国民もそうした状況にはないと見なしているわけである。

しかしながら朝鮮半島が緊張している国際的状況をみれば、端的に言って日本がもっとも危険な位置にあるわけであって、有事と云うことになればまず最初に攻撃の対象となるのは日本であり、米軍駐留施設であるはずである。

何故そう言えるのか?

米朝間で戦端が開かれたとき、確実に弾道ミサイルが撃ち込める地政学的位置にあるのが日本であることをあらためて考えるべきである。

ミサイルは発射から着弾するまでの時間が短いほど迎撃される確率が小さくなるわけだから、ミサイル攻撃は日本海を挟んだ日本本土に集中した方が戦果は格段に上げやすいはずである。

アメリカ本土をより確実に攻撃できるのは超音速弾道弾であるが、北朝鮮がそれを開発するまでにはまだ時間が掛かる。

そうであれば、ここでの攻撃目標はより日本に集中したとしてもおかしくはない。

北朝鮮は以前より「日本に核の雨を浴びせる」と言い続けている。

これは北朝鮮が戦争状態になれば、その際には道連れとして「日本に核の雨を浴びせる」ことで
確実に滅ぼすと表明していることに他ならない。

やはりこれは地理的に離れたアメリカ本土を直接弾道ミサイルで攻撃するよりは、確実に敵陣営に対して相当規模の戦果が上げられると北朝鮮がみているからである。

アメリカの同盟国である宿敵日本が一瞬にして壊滅すれば、当然経済大国としてのアメリカの国際的な威信は大いに失墜し、たちまち極東アジア地域の権益はほぼ失われてしまうことになる。

これの脅威となると巨大である。

そのことを念頭に北朝鮮は当初から警告し続けているのである。

となると朝鮮半島の緊張や危機的状況は、取りも直さずそのすべてが日本にいの一番に降りかかってくると云うことを意味している。

結局のところ、核シェルターがいまの日本にはやはり必要と云うことなのである。





【スイス】核シェルターの内部へ  










地下シェルター03







「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは





































posted by ぼんぼん・ボニー at 15:14| Comment(0) | 自己防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬場はシンクロ現象が発生しやすいのです?!

時空間が波打つとき!


過去の記憶の中にはとても可笑しくて笑ってしまうような出来事や不可解な出来事などが、幾度もあったように思う。

それも一度や二度のことではないのである。

後から思い返してみても、やはりあれは何だか妙だったというようなことがふと感じられるときがある。

常識から見れば不可解とも思えるのだが、いまだに記憶の底に消えずにそのまま残っている。

たとえば、何者かに後ろから操られているような変な気分にさせられるといった、そうした説明のつかないような不思議な体験というものは誰にでも一つや二つはあるはずである。

それは、たしかにそうしたおかしな過去の出来事であった。

40年、いや50年近く以前のはるか昔の少年の頃の話しである。


小学生のときは冬の天気がよいときは始業のベルがなるまでの間、わずかな時間ではあったが、私はひとりで校舎の東側に行って壁際で日向ぼっこをしていた。

それが私のささやかな冬の楽しみでもあったが、そうした日向ぼっこは私だけではなくて、周囲には同級生も何人かいてわいわい騒いでいることが多かった。




hinata.jpg



小学校は田舎の、それも田園地帯のど真ん中にあった。

東側の校舎の壁に沿って目の前は幅が2メートルほどのコンクリート張りの通路になっていて、すぐ向かい側は田んぼに水を流す農業用のクリーク(水路)になっていた。

通路とその水路の境にはフェンスも何もなかったし、対岸は普通の草の生えた土手であった。

当時は小学校の敷地と周囲の田んぼとの境界線が、そうした農業用の水路で囲まれているかたちになっていた。

そのクリークの幅は3メートルもあったであろうか。

春先から夏場は水量がわりと多くてさらさらとした流れがあったが、秋から冬場にかけては膝下ぐらいまでに水位が下がっていた。

そこからの風景はというと、目の前は水路が南北に流れて、その先はずっと田んぼが山すそのほうまで続いているという田舎らしいありふれた景色が広がっていた。

思い出に残るその可笑しな出来事はこの場所で偶然発生したのであった。

その日はどうしたことか、日当たりのよい壁際で日向ぼっこをしているのは私だけであった。

そこへ後から級友が二人やって来たのであるが、日向ぼっこするでもなく目の前の水路の傍まで行っていきなりふざけ始めた。

片方が水路に相手を突き落とすような悪ふざけを仕掛けて、しばらくそれを繰り返していた。

二人とも面白がって交互に水路に落とすようなそぶりで、危なっかしい遊びに興じていた。

それはほんの一瞬であった。

あっという叫び声と同時に、二人は仲良く抱き合うような姿勢のまま崩れるようにして水路側に倒れこんだ。

瞬間、バシャッという水音がした。

それはまさしく私の目の前で起きたのである。

晴天とはいえ、冬の寒い日である。

二人は水路から這い上がると、びしょぬれのまま慌てて職員室の方へと掛けていった。

二人はそのままでは走り難かったのか、走りながら途中で濡れぼそったズボンを慌てた様子で脱いでいた。

ズボンを脱いだ下着姿で走っていく二人の姿がいまでも記憶に残っている。

当時は職員室にだけ暖房用の石炭ストーブがあったので、こうした場合とりあえずそこで服を乾かすしか手立てはなかったということだ。

その日はそれだけで済んだのだが、話はこれだけでは終わらなかった。


翌日も晴天であったので、前日同様、私は同じ場所で同じように日向ぼっこをしていた。

当然のことであるが、そのときの私は昨日の級友の転落の様子を頭に思い浮かべていた。

思い出しても何だか可笑しな成り行きであったと思った。

そこへ級友が3人やってきた。

うち二人は前日水路に転落した当の級友であった。

二人は現場検証よろしく、連れてきた別の級友に昨日の思いがけない事件の顛末をあれこれと説明していた。

現場を前にして言葉であれこれ説明するだけでは終わらずに、そのときの二人の体勢や状況を細かく再現しつつ友人に伝えようとしていた。

彼らにとってとんだ災難であったわけで、どうにかして昨日の不運な成り行きを相手に詳しく説明したいという様子が傍にいる私にも伝わってきた。

その当事者二人の真剣さが、むしろ可笑しくもあった。

私から見れば、その成り行きは当事者同様に分かるわけだから、あらためて当人らの状況や災難の経緯が事細かに実感できるという感じであった。

そうした様子を傍近くで見ている私にとっては、昨日と同じ情景がそのとき目の前でうまく再現されているなあという漠然とした感慨があったし、それでいてそれを誰かに見せ付けられているような不思議な感覚を覚えていた。

何故なら場所も同じ。私の立ち位置も同じ。朝の時間帯も同じ。二人の級友の立っている位置さえもまったく同じといってよかった。

同じ空間ということで、たしかにそれはとても妙な感じであった。

そこに昨日同様の情景が目の前にあって、それがまさに同じように展開されていくという蓋然性があるということは、一体これはどういうことなのであろうかという、そうした漠然とした傍観者としての感慨がかすかに頭をかすめた。

数十年後にビデオという映像装置が登場し、始めて映像のリプレイという機能を見せられて思わずはっとさせられた体験とどこかしら似ていた。

いや、それとまったく同じであったはずである。

次の瞬間二人のあっという叫びと同時に、私は昨日同様に二人が抱き合ったまま水路に転落していく情景を同じ位置から見ていた。

そこには再現された情景がそのまま展開していた。

いや二人の級友は、私の目の前で昨日の転落劇を見事に再演してくれていたのである。

確かにそのときの私は、内心すごく可笑しかった。

すべてが見事過ぎて、そのまま思わず手を叩いて大笑いしたい心境であった。

だがそれ以上に眼前であまりにも忠実に昨日の情景が再現されたことの驚きの方が、はるかに大きかった。

一体これは何んなのだろう?

級友二人は水路から這い上がると舌打ちをして、濡れたズボンを脱ぐと昨日同様びしょぬれの下着姿で同じように職員室の方へと走っていったのだった。

私は昨日とまったく変わらぬ二人の後姿をずっと見つめていた。






「冬景色(冬げしき)」〜文部省唱歌メドレー「ふるさとの四季」より (根城中学校合唱部)










「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは































ラベル:記憶違い
posted by ぼんぼん・ボニー at 08:01| Comment(0) | 頭脳活性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

情報精査としての危機管理ソリューションとは?

見事ブログ記事予報が的中しました!

今年早々、ブログ記事を通して警鐘乱打してきたつもりでしたが、やはり予想は悪い方に的中してしまいました。

当方のブログ・
情報漏洩被害で企業は潰れるのか?2020/01/18

http://denjiha55.blog.fc2.com/blog-entry-2343.html
当方のブログ・
日本人の個人情報はすでに海外に漏れ出ています!2020/01/18

https://ameblo.jp/kenkoutop/entry-12567987845.html

このようにサイバー攻撃の危険性を訴えたのですが、皮肉なことに数日後に現実となってしまいました。

三菱電、サイバー攻撃で8千人の情報流出か
2020年01月20日
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00000111-kyodonews-bus_all 

三菱電機は独自にハイレベルの各種の情報セキュリティー対策ソリューションを提案しているようですが、本当に実効性はあるのでしょうか?
http://www.mitsubishielectric.co.jp/business/security/


当方のブログ・

スーパー耐性菌・新型SARSの可能性はありやなしや?2020/01/07
http://denjiha55.blog.fc2.com/blog-entry-2332.html

このようにいち早くブログで心配したとおり中国の新型肺炎は、いよいよ深刻度を増してきました。


中国の新型肺炎、広州市の医療関係者も感染との情報
2020年01月20日
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/50840.html

武漢市新型肺炎「患者198人に増加」推計1700人超?米3空港で検疫強化
2020年01月20日
 https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/2/32780.html

中国の肺炎ウイルス、感染者は1700人以上か 英大推計 米国は空港での検疫強化
2020/1/18
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000022-jij_afp-int









「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは































ラベル:未来予想
posted by ぼんぼん・ボニー at 19:58| Comment(0) | ビジネス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インディアンは何故嘘をつかなかったのか?

西部劇とは何だったのか?

いまから半世紀以前の日本のテレビ放送創世記の時代には、アメリカから輸入されたドラマや映画が盛んに放送されていた。

夜のゴールデンタイムはそうしたアメリカの西部劇映画の類いが目白押しであった。

もちろんイケメンのガンファイターが活躍するものもあったが、スペクタクルな内容としては西部開拓時代のアメリカ先住民(インディアン)との壮絶な戦闘場面が毎週のように茶の間に放送されていたものである。

いわゆる当時はやりの米国製時代劇とでもいうべきであったろうか。

突然襲いかかってくる凶暴なインディアンに対して、そこには果敢に応戦する騎兵隊や白人開拓民が登場してくる。

そうした一連のテレビドラマだけではなく、アメリカの西部劇映画も人気であった。

どこまでも白人が正義であり、襲撃してくるインディアンはどこまでも野蛮で悪そのものであった。

いつの間にか子供心にそういう捉え方がされるようになったのであるが、これこそ欧米歴史観の最たるものであったろう。

そうした大衆娯楽歴史ドラマに日本人はすっぽりと嵌まってしまったのである。

北米の先住民は当初渡来してきた白人とは友好的に接していて、善良な彼らは食料なども提供していたが、次第に白人らは先住民の豊かな土地を奪い始めたのである。

キリスト教徒の白人から見れば先住民は異教徒の奴隷種であり、彼らは虐殺の対象でしかなかった。

北米大陸の先住民は当初1億人以上いたとされるが、新大陸発見以降ヨーロッパから渡航してきた白人に虐殺され続けインディアンと呼ばれた先住民の彼らは一気に激減していった。

西部劇ではインディアンは馬に乗って襲撃してくるのであるが、実際は白人が馬を持ち込むまで北米大陸には馬はいなかったのである。

彼らは当初原始的な弓矢や斧で戦っていたのだが、やがて白人の武器商人から銃器を手に入れ馬も巧みに乗りこなすようになり白人と果敢に戦った。

北米先住民はテレビドラマのせいで狩猟民族のように思われがちであるが、彼らは本来農耕民族であって農耕に適した豊かな土地はすべて白人に奪われ、隔離された荒れ地(保留地)に追いやられていった。

アメリカ西部で金脈が発見されると、さらに彼らはそこからも追い立てられ虐殺されていった。

アメリカ開拓史とはそれこそ血に塗られた虐殺の歴史でもある。

いまでも各地で、それも都市部で工事中に大量の先住民の人骨が発見されることがあるという話をアメリカ在住の日本人教授から直接聞いたことがある。




アメリカの歴史は戦いから始まった・・・心優しきインディアンの討伐  


米大陸先住民の大量虐殺、気候変動の原因に 
ラベル:大量虐殺
posted by ぼんぼん・ボニー at 07:08| Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

臨済宗の古刹・湯布院佛山寺での座禅会

早朝座禅会に行く!

平安時代に創建され、古くから由布岳の山岳信仰の場としてすでに1000年の歴史があるとされる臨済宗の古刹、佛山寺は温泉観光地として知られる大分県由布市湯布院町内にある。

佛山寺は銅板葺き屋根の本堂や檜造りの観音堂、さらに杉を使った庫裏、座禅堂があって、事前に予約すれば座禅や写経も体験できるということであった。


RIMG0964
























座禅行は小学生の時、父親に強制されてやらされた嫌な記憶があることもあって、気分的にはあまりやりたくはなかったのであるが、今回は家族の強い希望もあって殊勝にも佛山寺の座禅会に参加することとなった。

座禅会は土日の早朝に佛山寺で開催されているのだが、そもそも湯布院は高地にあるので平地に比べて寒さがいささか厳しい。

そうした寒い冬の季節にわざわざ座禅をやりにいくのだから、相当に物好きと云わざるを得ない。

夏場と違って冬場は夜明けが遅いということもあって、山沿いにある佛山寺にいくにしてしても周りは漆黒の闇の中である。

日の出にはまだ時間があるのだ。

こんな朝早くから座禅会に参加する人などいるのだろうかと思いいつつ佛山寺に着いたのだが、まだまだ周囲は真っ暗である。

駐車場に車を止めて佛山寺の門前まで行くと灯りが点っている。

案内を請うて早速座禅堂に案内されたのだが、そこはずいぶんと広い。

真ん中に祭壇らしきものがあって、それを挟むようにして壁際に床より一段高い場所があって、そこで各が座禅を組むようになっている。

意外にもこのときの座禅会の参加者は10人ほどおられた。

それも老若男女である。座禅会と云っても年配者ばかりではないのだ。

ご住職から座禅の作法など一通り説明があり、参加者一同が神妙に座禅をくむのであるが、とにかく座禅堂の空気が冷たく感じられ凜とした雰囲気が漂っている。

座禅の間は姿勢を正し、一定のリズムで呼吸を整え、さらにはこころを澄ましていくことが教えられる。

体が震えるほどではないが、さすがに辺りは寒い。

周りは静寂に包まれたままだが、やがて時間が経過とともにようやく外で小鳥の囀りが聞こえてくる。


IMG_20200119_0002





































「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは































ラベル:寒修行
posted by ぼんぼん・ボニー at 16:23| Comment(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科学技術を一向に評価しない日本の悲劇

日本はいずれ衰退する!?

科学技術立国・日本崩壊の真相:
NECはなぜGoogleになれなかったか――量子コンピューター開発「痛恨の判断ミス」 2020年01月14日
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1912/28/news006.html

私とサムスンの李さんとの和解 シャープ元副社長・佐々木正氏B2012/08/01
https://toyokeizai.net/articles/-/9665

東大合格者17人が海外大に進学した理由 プレジデントオンライン 飯田 樹
2018/04/04
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%90%88%E6%A0%BC%E8%80%8517%E4%BA%BA%E3%81%8C%E6%B5%B7%E5%A4%96%E5%A4%A7%E3%81%AB%E9%80%B2%E5%AD%A6%E3%81%97%E3%81%9F%E7%90%86%E7%94%B1/ar-AAvrcLl?li=BBfTvMA&ocid=ientp#page=2

日本発の高品質な科学成果発表はさらに3.7%減少
http://univ-journal.jp/20092/

国内大学の論文数、化学、材料科学、物理学分野が急減
http://univ-journal.jp/19950/


「なぜよその国に技術が行ってしまったのか。それは企業の経営者が無能過ぎるからなんです。今、有機ELではSamsungやLGのAMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)が知られています。つまりメイド・イン韓国ですね。でも、それは結局メイド・バイ・ジャパニーズなんです。日本は自分のところに実用化のために必要なものが全部あるのに、結局なにもできませんでした。三洋などもすごい技術を持っていたのにです」
城戸淳二教授・山形大学 大学院理工学研究科有機デバイス工学専攻教授 2017年8月10日
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1075333.html


日本からのハイレベルの論文が減るのは当たり前のことである。

いまや優秀な日本人学者は海外に研究拠点を求めている。海外の研究機関の方がはるかに研究資金が豊富だからだ。

限られた時間で多くの成果を得るには、日本国内で燻っていくよりは海外に進出した方が格段に有利であることはたしかであろう。

ひとつ日本人にネックになるのがトイレ事情である。

ウォシュレットで育った若い学生は、いまやウォシュレットのない生活環境には抵抗があるらしい。これは残念なことである。

衰退していく日本で、今後も科学者が優遇されないのは判りきったことであるから、できたらウォシュレットを引っさげてでも若者には海外に飛躍してもらいたいものだ。



発明者は日本人で、東北帝国大学の教授の八木秀次博士(1886-1976)と、当時その助手だった宇田新太郎博士(1896-1976)が1926(大正15)年2月に発明した画期的なアンテナがあった。


それは二十世紀の三大発明の1つともいわれるものである。

八木の指導の下、宇田が実際の開発作業を担当し名称もこの二人の名前に因んで正式には宇田・八木アンテナというが、特許を単独で取得した八木教授の名を冠して一般には「八木アンテナ」と呼ばれる。

戦後テレビ受信用アンテナとして世界を席巻した画期的なアンテナである。

発明された当初、日本では特許も取得されたものの、この発明の重要性が認識されないまま特許権の延長も認められなかったが、八木と宇田の最初の英文報告書は日本よりむしろアメリカで注目され物理学会でも高く評価された。

1928年に八木は米国を訪問し当時のIRE(アメリカ無線技術者協会)等で日本の短波研究の状況について講演してこのアンテナ技術は画期的な先端技術として大きな賞賛を受けた。

1930年頃には米国で宇田・八木アンテナは軍需用(航空機、船舶)としてまず活用され始め、悪天候や夜間(視界不良)に飛行機が空港に着陸するときの誘導システムとして使用されるようになる。

英国は、第二次大戦の1940年当時ドイツからの爆撃攻撃に対して複数地点より観測して目標位置を特定するという原始的な無指向性アンテナを使用する短波帯のCHレーダーから、この格段に機能性が優れた宇田・八木アンテナを使用したVHFレーダーを本格的に実用化することに成功した。

これに対して当時の日本では宇田・八木アンテナの発明がありながら、技術的にはまったく評価されずに捨て置かれたままであった。

しかもこのことが大戦中に皮肉な展開が出てくる。

昭和17年(1942)年2月25日シンガポール戦の後で、日本陸軍は英国軍からの鹵獲物としてレーダーの残骸と操作ノート(ニューマン(Newmann)文書・マニュアル)を入手するのである。

記録によると日本陸軍は、シンガポール占領時に「米国と英国の類似の地上固定式電波警戒機と移動式の対航空機用電波標定機を1組づつ、操作説明書と共に捕獲した。」(佐藤源貞博士覚書)と記録にある。

調査にあたった日本陸軍のもとでこのレーダー装置が相当に優秀な電探装置であることが判明したのであるが、ニューマン文書の中に「Yagi antenna」という言葉が頻繁に出てくるのに遭遇し、これは「ヤジ」と読むのか、それとも「ヤギ」と読むのかその語彙の意味も読み方も技術将校には分からなかった。

日本の情報将校が「Yagi」という記号が日本語であることに気付かないまま、捕虜の技術者にその意味を問うたところ、「あなたは本当にそれの意味が解らないのか?”YAGI”とはそのアンテナを開発した日本人の名だ!」と返され驚嘆したと言う実話が残されている。

米軍は英国とのレーダー技術分野の研究を共有しており、すでに1941年12月7日(現地時間(日曜日)午前7時02分)に米軍がオアフ島の北のオパナ(Opana)に設置した新型レーダーで日本軍が真珠湾を攻撃する飛行機の飛来を約200km北方に接近しつつあるのを事前に発見していた。

だが、米軍側はそれを味方の編隊機と錯覚してしまったことで、この情報は生かされなかったのだが、このときの真珠湾レーダー(Pearl Harbor Radar)にも宇田・八木アンテナがしっかりと装備されていた。

また、広島と長崎に投下された原子爆弾にもこのアンテナが装着されていて、爆弾の爆発高度を決定するために用いられていた。


何故に日本人の画期的な発明である宇田・八木アンテナは、肝心の日本国内で有効に活用されなかったのであろうか?

米英は宇田・八木アンテナの画期的な機能をいち早く認識したうえで、これを使ったレーダー装置の開発に多額の予算と技術者とを惜しまず投入した。

米英は、革新的と評価された新しい技術導入には、それだけ積極的に取り組む姿勢を見せたのである。

この辺りのトップの判断がまさしく戦略的である。

それに比べ日本の軍部にしてもその参謀首脳は低能としか思えないところであり、

もともと日本には並の戦術があっても確たる戦略がないのだという。

日本のトップは総じてそういう部類に入るということである。

日本企業はエンジニアを優遇しないし、エンジニアを優遇しないから日本企業は自ずと凋落していく。

凋落しつつある大手企業の優秀な技術者は次々と外資に取られ続けている。

もはやハイテク分野で二番手、三番手に立ってしまうのであれば、世界の市場でのビジネス展開も思うようには進められなくなっていくであろう。

そういうこともあって、もはやこれからは技術立国ではなく華々しく観光立国に大きく舵を切ったのがここ数年の日本の実情ではあるまいか。

まだまだ日本も、世界の下請け立国でならそこそこいけるのではないのか。







「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは































ラベル:日本崩壊
posted by ぼんぼん・ボニー at 09:20| Comment(0) | 電磁波ノイズ対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

個人情報の漏洩被害は原則誰も責任を取らないらしい?!

現状レベルでの情報の一元管理は危うい!

預貯金口座とマイナンバー連結義務化検討へ…総務相要請、今年中に具体策
2020/01/18 
高市総務相は17日、マイナンバーと金融機関の預貯金口座を連結する制度の義務化について、財務省と金融庁に検討を要請した。
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20200117-OYT1T50268/

中国のサイバー攻撃 巧妙化…ミサイル情報も盗む
2019/1/12

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6309870

米国に桁外れサイバー攻撃、やはり中国の犯行だった
2018/9/26
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180926-00054196-jbpressz-int


銀行サイバー攻撃、関与の北朝鮮精鋭ハッカー集団を特定 米企業
2018/10/04
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e9%8a%80%e8%a1%8c%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e6%94%bb%e6%92%83%e3%80%81%e9%96%a2%e4%b8%8e%e3%81%ae%e5%8c%97%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e7%b2%be%e9%8b%ad%e3%83%8f%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%e9%9b%86%e5%9b%a3%e3%82%92%e7%89%b9%e5%ae%9a-%e7%b1%b3%e4%bc%81%e6%a5%ad/ar-BBNTq0N?ocid=ientp#page=2



スクープ パスワード16億件の流出を確認
ソニーグループ1万7695件、東芝グループ1万635件、トヨタ自動車グループ8194件など日本企業の被害多数 2018年9月7日
https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/090500857/

シンガポール、サイバー攻撃で150万人分の患者記録流出 国内史上最悪
2018年7月21日
http://news.livedoor.com/article/detail/15042607/

え…暗号化技術まで!? 中国が米海軍の下請会社をハック、600GB以上の情報を窃取か2018/6/23
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00010003-giz-sci

中国でのべ2億件超の日本人情報が販売、企業流出も確認--ファイア・アイ2018/5/17
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-35119345-zdnet-sci

年金情報を中国業者に委託 5百万人、マイナンバーも 
2018/03/19

http://news.livedoor.com/article/detail/14456469/


「ハッキング受けた」 パラダイス文書2017年11月6日
http://www.asahi.com/articles/ASKC40040KC3UHBI025.html?iref=pc_rellink

パラダイス文書の内訳は、@大手法律事務所アップルビーの内部文書683万件Aシンガポールの法人設立サービス会社「アジアシティ」の内部文書56万6千件Bバハマ、マルタなど19の国・地域の登記文書604万件だ。

パラダイス文書「U2」ボノ氏の名も 1340万件入手2017年11月6日
http://www.asahi.com/articles/ASKBV7JKHKBVUHBI03R.html



大規模サイバー攻撃、米MSが政府の脆弱性管理を批判 「トマホーク流出に匹敵」
2017年05月15日

http://www.afpbb.com/articles/-/3128210?cx_tag=pc_sns&cx_position=2#cxrecs_s


自衛隊内部情報も漏えいか?

防衛省にサイバー攻撃、陸自の情報流出か 共同通信が報道
防衛省と自衛隊の情報基盤がサイバー攻撃を受け、陸上自衛隊のシステムに侵入されていたことが分かったと、共同通信が伝えた。
防衛省と自衛隊の情報基盤がサイバー攻撃を受け、陸上自衛隊のシステムに侵入されていたことが分かった――共同通信が配信したこんな記事が、11月28日付けの中日新聞などに掲載された。陸自の内部情報が流出した可能性が高いという。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/28/news069.html




情報の漏洩そのものは今のサイバー空間どこでも起こりうることで、情報を秘守することはほとんど不可能な状況にあります。。

はっきり言って、これは日本のセキュリティーレベルでも防御することは不可能です。

ここ数年日本では、国民総背番号制(national identification number、 共通番号制度)の実施がどんどん進められています。



この制度の下で全ての国民に固有の番号を振り別け、コンピュータネットワークによる行政事務の効率化を進めて個人を迅速に特定し識別管理していくという夢のようなシステムが導入されるというわけです。

この先マイナンバーに網羅される個人情報としては、氏名、登録出生地、住所、性別、生年月日、婚姻関係といった戸籍情報をベースとし、そこに付随して住民管理対象となる社会保障制度納付状況、収入と納税履歴、負債・資産情報、公共料金納付履歴、学歴や職歴、各種取得免許、医療病歴、犯罪履歴、各種保険加入状況、金融口座クレジット情報、渡航履歴、生体情報や顔認証システムなどが次々と枝葉のように付け加えられ網羅されていきます。

さらに国際的なシステムとリンクしていくことで、近未来では個人の生体情報の認証データなしには物品の売買といったビジネスはもとより、出入国管理においても海外渡航も一切出来ない近未来世界が到来してきます。

ここらは法的な手数の問題であり、多くの個々の情報管理の枝葉が付くのはそれこそ時間の問題なのだと思います。

実際には医療関連情報も健康保険証と一体化させていく行政側の狙いもあって、各自治体でもいずれこれらは具体化する方向に進んでいくようです。

ここで挙げた付帯される情報もほんの一部に過ぎません。

個人のクレジット情報で書籍購入歴や嗜好品目、通信履歴、旅行先といった項目さえも調べようとすれば容易に確認できます。

思想信条や交友関係など本人さえ気付かなかった身辺情報が集積されデータベース化されるというより、G5
レベルのAIシステムが組み込まれて稼働し始めれば自動的に作り上げられていきます。

取り出そうと思えば個人の病歴や服薬履歴、余命データなどもずるずる引き出せるはずです。個人の信用調査などは数秒で完了します。

公的システムを運用する場合もその端末自体は、そこらに無数にあることになります。

考えてみると、これなどはとても怖いことです。

もうすでにビッグデータの大半は、外部に漏れ出ている可能性があります。

あれこれ言われても、ビッグデータの漏洩は危険性は現実問題であって、結局情報の集積、情報の一元化とはそういうことです。

漏れ出ていたとしても、さしあたって面倒なことが出てこないのであれば、そのまま放置されるのではないでしょうか。

結局セキュリティーシステム(設備)自体に問題があったということでおしまいです。おかしな話しです。

誰も責任を取らない以上、実害が表面化するまではそうなるしかありません。

そうしたデータベースに直接アクセス出来る者が、すべてを支配出来ることになりそうです。

たとえば、あなたは身近な親しい友人の個人情報をいくつ特定できますか?

親しい関係であってもおそらく20項目、30項目程度ではないでしょうか。

これが200,500項目となればどうですか?

そこには同居する家族でも気付いていない個人情報が出てくるはずです。

今流行りのフェイスブックでさえ60項目の個人情報が流出すると言われていますが、国民総背番号制によっていわゆる個人情報の総勘定元帳そのものが個別に用意されるわけで、これらの情報を閲覧すればいわゆるプロファイリングなどは簡単にできてしまいます。

多くの情報を本制度によって管理すればそれだけ行政遂行コストが下がり、国民にとっても自己の情報を確認や訂正がしやすいメリットがあるといわれています。

一方では、国民の基本的人権が制限されたり、行政機関による違法な監視、官僚の窃用や、不法に情報を入手した者による情報流出の可能性があること、さらには公平の名のもとに国民のすべての資産を把握し、巨額に膨れ上がった政府債務の解消のために実施されるとする徴税や預金封鎖を容易にすることを懸念する意見が巷にはあるようです。

そういうこともあって、いまだに国民総背番号制を推進するのに反対する意見も各方面からも出てきているわけです。

要は政府機関が国民の国民総背番号制の下で集積した情報をどこまでしっかりと管理保全できるのかということです。

現状ではこれらの個人情報が不用意に漏洩する危険性はきわめて高いわけですし、すでに漏洩も発生してきています。

何故そう言えるのか、それには明確な理由があります。

先の大戦では日本軍やナチスドイツの最高機密であった暗号でさえも、連合国側が技術的に解読して筒抜け状態でしたし、絶対に破られないとされていたものがもろくも崩壊したのです。

現代の世界の趨勢からみれば国家レベルの情報管理などセキュリティーの壁を越えられてしまい、容易に外部から侵入されハッキングされてしまう状況下にあります。

ハッキングの背景は組織的なものであって、国家レベルという話しがようやく表面化してきたということです。

これは、いまのネットシステムはそもそも米国が軍事的に開発したものであって、本来これに対抗する独自の力が日本にはないということが根底にあります。

それを認識せずして大きなシステムを早々に稼働させてしまうということは危険この上ありません。

国内でもサイバー関連の被害が確認されていると報道されています。

日常的にも金融機関を装った偽サイトなどに容易に誘導されてしまいますし、そ
うした被害が発生しています。

それをすべて公表したら巷の金融機関への信頼は大きく損なわれるに違いありません。

ハッカーが駆使する巧妙なハッキングやスキミングの被害は、後からそれと気付いても遅過ぎるのです。

気付いた時は相当な被害を被った後だからです。

慌てて追跡しても途中で侵入時の足あとが途絶えてしまえば、なす術はありません。


これらは一般のユーザには関係ないような事件に思われがちですが、ネットで繋がっている個人のパソコン勝手に乗っ取られて、最悪の場合には一般市民が踏み台にされ誤認逮捕されてしまう場合もあります。これも怖いことです。

日常的ネット回線を介して知らない間に、そうした悪質なウィルスに感染させられる危険性があるわけです。

ネット上の入手し易いフリーソフトなどは手軽に使えて便利なのですが、最近はこれには注意しないと思わぬトラブルが発生します。

便利なフリーソフトをダウンロードした際に犯罪に絡む悪質なマルウェアまでも一緒に咥えこまされてしまいます。

悪質なマルウェアは組織的に、広範囲にばらまかれています。

いわゆるスパイウェア系統の悪質なプログラムもフリーソフトと同時にインストールされて、不用意にパソコン内に侵入されてしまうのです。

ユーザー自身がまったく気付かなければそれまでですが、これが意外と厄介なのです。

それこそ毎日大量のスパムメールが個人宛に送られてきます。

ネット空間はまさに無法地帯ですので、規制や取り締まりが及ばない世界です。

無法者がのうのうとのさばっているという感じなのです。

そうしたアンタッチャブルな世界に関わると酷い目に遭ってしまいます。
ユーザが個別に閲覧したWebページの履歴や実行した操作の内容、金融取引のパスワードやメールアドレスなどの情報を収集するスパイウェアが、知らないうちに組み込まれてしまうこともあります。

どこまで違法なのかは知りませんが、勝手にメールアドレスと個人情報を抜き盗っていくわけです。

先般ある企業から名指しでメードアドレスが特定された形で、メールが一方的に送られてきて驚いたことがあります。

勝手にどこかで個人情報を入手しているわけです。

セキュリティーをしっかり施しているから安心などということはありません。

さらに言えば、個人のパソコンや民間企業のセキュリティなどは高が知れています。

巧妙に合鍵が造られてしまえば侵入は簡単です。

ちゃちな鍵もどきしか掛かっていないような、それれそセキュリティの甘い部屋であれば、勝手に侵入されてしまうことになります。

インターネットの世界でもっともセキュリティが高いレベルにあるはずの米国の軍事関連企業や国防省さえも頻繁に侵入され、機密情報がハッキングされ続けているのです。

それこそハッキング用チップが組み込まれたシステムであれば、盗人が合鍵でもって室内に侵入するようなものです。

最強のセキュリティレベルも無様なものです。

意外にも米国の銀行は、これらの機関より1ランク下のセキュリティレベルに置かれています。

米国の銀行の役員には必ず軍事的要職にあった人物が名を連ねています。

それだけ金融システムのセキュリティレベルそのものが重要視されているということに他なりません。

当然のことですが、それでも金融機関がもっとも頻繁にサイバー攻撃には晒され続けているわけです。

銀行本体さえもがそうしたネット被害を頻繁に受けているわけで、そもそもネット上にはいわゆる完璧なセキュリティというものはありません。

ネット社会では、いわばそうした脆弱さが常に存在し続けているわけです。

始めからそうした欠陥部分を内蔵しているところがネット社会の面白さだともいえます。

結局のところそうした欠陥を補ったり、脆弱さを防御するためのシステムを工夫したりするといったビジネスチャンスを限りなく創出していくネット空間というものが、当初から巧妙に用意されていたということになります。

ハッカーたちから見れば、意外なことに米国以外の銀行や日本の金融機関のセキュリティはさらにその下のレベルにあります。

一般企業やオフショア関連の法律事務所であれ、これよりもさらにレベル自体は格段に低いわけです。

狙われたら最後、大抵の機密情報は抜き取られてしまいます。

だからまともに外部からネット攻撃を食らったらぽしゃるような企業は、そこらにぞろぞろあるだろうということになります。

日本などはサイバー攻撃はやり放題ですから、それこそサイバー犯罪の温床はどこにでも転がっているというわけです。

そこにハッキングチップの登場が重なるとなると、もはやお手上げ状態ということになりそうです。

国内金融機関の一般には公表されないネット関連の被害などは、それこそ相当な額に達するだろうと予想されます。

毎年その被害額は増加しているのも確かですし、ネット犯罪はそれだけ高度にビジネス化しているのだともいえます。

これを組織的に人海戦術でやられると堪りません。ネットは物理的集団攻撃に対してきわめて脆弱なのです。

現在は国外からネット回線を使って侵入するというよりは、相当数の訓練された要員を直接送り込んで国内のインターネット接続を中継するプロキシ(代理)サーバーを使って水面下で活動しているようです。

日本国内では、ネット上の危機管理や法的規制がそれほど厳しくないからです。それこそやり放題です。

面白いことに平和大国ほどすべて渡って危機感が欠落しているようで、おおむね日本のネット社会全般はセキュリティレベルが格段に低いのです。

そうした危機管理が杜撰ということでは、たしかに居たしかたないことではあります。

要するに国民が自由をより志向する以上、それ相応のリスクも覚悟すべき状況にあるというわけです。

サイバー犯罪ということでは、個人のデータを取り込んで金銭を搾取することから企業の機密情報を盗み取る産業スパイ行為までいくらでもあるわけですが、今後ともこうした犯罪は深刻度を増していくはずです。

確かに産業界でも最先端の技術情報も多額の開発費を直接投入するよりは、必要に応じて競争相手から掠め盗る方がはるかに効率がいいはずです。

そこにはペーパー企業を隠れ蓑にした大がかりな組織的サイバー犯罪さえもが存在します。

そうした犯罪行為が拡散していく背景には国際的な対立や軍事戦略が絡んでいるわけで、すでにネット上では熾烈な国家間の情報戦が日々繰り返されていることになります。

それだけに、情報漏洩といえども多分に計算された政略的駆け引きが裏に隠されているのだともいえます。

その結果、成り行きによっては社会不安を招き、これが突然の政変にも繋がるかもしれないのです。

当然ながら非合法なネット犯罪の背後には、数千数万の人員を投入した組織規模のそうした動きがあるということになります。

日本のセキュリティ対策は貧弱ですし、法的にも面倒な規制も掛かりませんので日本を足掛かりにすればどこよりも活動し易いということは確かです。

平和大国日本では予想だにしない無様な事態も出来してくる可能性が高いともいえるわけです。

サイバー攻撃どころか、すでにネット空間では戦争状態にあると云うことなのです。

当然そこには、相当な経済的被害と被害者が出ることになります。







「天魔王信長の野望を打ち砕く 我が武略に勝算あり」ノンフィクション

tuku
「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション

奴隷船

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」

経絡論

「時代小説短編集・憑依(つく)」
ミステリアスな題材による時代小説

憑依3
「徐福渡来伝説を検証する」太古の日本に渡来した徐福とは何者か?古代史ドキュメント
cover2
「おいしいりょうりをつくろう」
電子絵本シリーズ

dam
「こわいおばけがでたぞ!」
電子絵本シリーズ

dom
「とおせんぼ」
電子絵本シリーズ・ぬりえができる

tosenbo





denden3商品詳細

電磁波過敏対策・電磁波攻撃防御製品[電磁番]denjiban-1301
あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?
原因不明の不快な環境ストレスの原因は、多くの場合目には見えない電磁波ノイズが関係しています。
反射錯乱する電磁波ノンズは遮断だけでは防御出来ないのです?!
電磁波中和装置「電磁番AZ」は多用途の機能的防御が可能です。携帯するだけ、貼るだけ、置いておくだけ!
準静電界レベルの干渉による不快な電磁波過敏、電磁波音波攻撃対策の防御製品として、
「電磁番AZ」はご利用者の皆様から高い評価を頂いております。
★電磁波中和放電装置「電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波に干渉して中和放電変換します。
★日本国内の電磁波環境に対応した製品です。不快な電磁波ノイズの中和放電によって身体への悪影響はほとんど感じられなくなります。
(実際のストア評価のお客様の声を参照ください)
★隣接した建物や施設から放射される不快な波動ノイズ、悪質な電磁波攻撃、嫌がらせにも対応いたします。 製品の耐用年数は、普通に使用すれば3,40年以上そのままで使用可能です。
★一般の住居内はもとより、店舗・事務室・治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整え防御します。(取り扱い説明書を添付しております)
★製品サイズ 直径10cm 厚さ 1.5cm 重さ 約170g

電磁番AZ使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁盤AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を干渉中和放電するため、DVDショップなどの店舗内に設置された盗難防止システムのゲートセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し、有害電波の波形を変換してしまいます。
そのため「でんじ・ばん」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時のゲートでの誤作動で警報が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによるトラブルには十分ご注意下さい。


詳細は
外部サイトのリンクページの「電磁波中和装置電磁番AZ」のセット方法について」をご覧ください。
電磁波過敏や電磁波攻撃対策法については
外部サイトのリンクページの「波動電磁波情報検討会」を参照ください。
電磁波中和装置電磁番AZについての解説(クリックするとリンクページが開きます)
「電磁波中和装置電磁番」のご案内
電磁波過敏について
電磁波攻撃によるストレス症状について
「電磁波中和装置電磁番AZ」の干渉中和放電効果について
「電磁波中和装置電磁番AZ」を使用されているお客様の声
「電磁波中和装置電磁番AZ」の機能と構造について
「電磁波中和装置電磁番AZ」に関するご質問と解説
「電磁波中和装置電磁番」を使った気の調整法について
電磁波過敏の関連の出版物
最近の重要な電磁波情報
不眠症対策について
レーザーポインター攻撃
スマホ電磁波の対策予防法
スマホ乗っ取り攻撃について
電磁波攻撃・嫌がらせ対策
最新の電磁波攻撃機器とは
電磁波被曝と準静電界について
米国大使館電磁波被曝事件
迫り来る次世代5Gの脅威とは






























ラベル:サイバー犯罪
posted by ぼんぼん・ボニー at 18:35| Comment(0) | ビジネス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする